ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


事業領域

 

今後ますます拡大するフラットパネル事業分野の進化に呼応し、市場の様々な要求に応える、より高性能・高品質な光学フィルムを供給し続けています。

富士フイルム九州(株)は、液晶TVをはじめとするフラットパネルディスプレイの急速な市場拡大に対応するために、富士フイルム(株)のフラットパネルディスプレイ材料事業の新たな拠点として、2005年に設立された富士フイルム100%出資の生産子会社です。

富士フイルム(株)は、液晶ディスプレイ材料である「フジタック」を神奈川県と静岡県で生産していますが、さらなる大幅な需要増に対応するため、ますます伸長する東南アジアを視野に入れて、新たに肥後の国(熊本)菊陽町の地に建設いたしました。

液晶ディスプレイに欠かせない偏光板の重要部材「フジタック」

フジタックは、TAC(セルローストリアセテート)を素材とし、光学的に歪みが無く、透明性に優れ、薄く均一で耐久性があるなど優れた特性を持っており、あらゆる液晶表示に使われる偏光板において、偏光子[光をコントロールする膜]をプロテクト(保護)するフィルムとして不可欠な材料です。TACフィルムの製造は富士フイルム独自の、他社の追従を許さない数多くの生産技術によって支えられています。

生産品の紹介

富士フイルム九州株式会社では液晶(LCD)用保護フィルムの基幹部材である「フジタック」を中心に、位相差フィルムとして「V-TAC」「Z-TAC」を製造しております。これらは液晶にとって欠かせない、偏光板を構成する最重要材料のひとつです。

液晶には主に3つの表示方式(VA/IPS/TN)があり、それぞれ必要な偏光板及び保護フィルムが異なりますが、当社ではそのほとんどをカバーした製品ラインナップとなっております。

[写真]生産品の紹介

[写真]生産品の紹介

[写真]生産品の紹介

関連情報

富士フイルムグループを統括する持株会社です。

富士フイルムグループのイメージングソリューション、インフォメーションソリューションをリードする事業会社。

富士フイルムは液晶ディスプレイには欠かせない、さまざまな「高機能フィルム」を供給しています。

富士フイルムが販売するフラットパネルディスプレイ用フィルムの製品紹介。


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る